消費者金融の審査と銀行カードローンの審査基準は違うのか?

消費者金融の審査と銀行カードローンの審査基準は違うのか?

消費者金融で即日融資をするために

cduhiお金が急に必要になった!という経験は、誰にでも一度や二度はあると思います。そんな時に心強い味方になってくれるのが、消費者金融の即日融資です。消費者金融は、審査スピードの早いことでも知られています。最短だと数十分で審査が終わります。消費者金融でのキャッシングサービスを最短で受けるためには、WEB完結申込みを行うのが一番の早い方法です。

 

WEB完結申込みでは、本人確認書類の提出は、スキャナーで本人確認書類の読み込みを行い、メールで添付するか、直接アプリなどを利用して送信を行うかになります。一昔前までは、書類の提出と言えば、郵送か来店しかありませんでしたから、インターネットの普及のおかげでずいぶんと楽になりました。スマートフォンの普及も大きいですよね、パソコンがなくてもスマートフォンがあれば十分WEB完結申込みができます。WEB完結申込みを行って、最短で大体30分位で審査結果を知らせてくれますので、自動契約機に来店をしてカード発行を行うことも可能ですし、平日の大体14時まででしたら、指定の口座に口座振替を希望することも出来ます。

 

口座振替を希望した場合は、申込みからお借入までは、全く来店不要でできるのですね。平日の即日振込が出来る時間帯は、消費者金融の会社によって違いますから、まずは確認をしましょう。モビットは最も即日融資できる時間帯が遅く、平日14時50分までの申込みで即日融資が可能になりますが、ただし三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を予め用意しておく必要があります。
即日融資
 

消費者金融の契約書類について

gdyugu消費者金融で、お借入の申込みをするとき、必要な書類があります。本人確認書類といって、銀行や役所などで手続きを行う時などにも提示を求められると思いますが、ご本人を確認するための公的書類を主にさします。本人確認書類の提出は、消費者金融の審査において一番重要な部分です。具体的には運転免許証や健康保険証、パスポートになります。では、どの書類でも本人確認書類は同じなのかと言いますと、一番信頼性の高い書類は運転免許証になります。顔写真が付いていますし、公的書類として一番効力があります。

 

審査においても、例えば車で来店するような場所の自動契約機に来店して、本人確認書類が健康保険証だけだったとすれば、あれっ?免許証はお持ちではないのかな?という考えにもなります。高齢者の方は運転免許証ではなく、運転経歴証明書をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、こちらも証明書として利用できます。本人確認書類のポイントは、氏名及び住所が記載されていることになります。記載されている住所に相違がある場合は、住民票の写しや公共料金の領収書、社会保険料の領収書、国税や地方税の領収書や請求書などを提示して、現住所をはっきりさせる必要があります。

 

その際は、発行日から半年以内の書類であることが条件のようですが、会社によってその期間は違います。また顔写真付きの住民基本台帳カードも本人確認書類として利用できます。また外国籍の方については、特別永住者証明書や在留カードなどの提示を求められます。